メトラッセコラム

2016.02.11

紫外線対策?乾燥ケア?夏の肌が求めているスキンケアとは

夏の肌が求めているスキンケア
夏は汗をかきやすくベタつきを嫌い、スキンケアを軽めに済ませがちな人も多いのではないでしょうか?
たしかに夏は、冬と比べ気温や湿度はぐっと高くなります。
汗や皮脂の分泌も増え、肌の乾燥が気になることは少なくなるかもしれません。
でも実は、夏は肌にダメージを与えやすい季節なのです!

夏の紫外線や水分不足が肌のダメージにつながる

夏の紫外線や水分不足

夏の肌にダメージを与える原因の代表格は、やはりなんと言っても紫外線です!
日焼けや炎症を引き起こす「UVB」、肌の奥まで到達して深刻なダメージを蓄積させる「UVA」ともに、年間で最も照射量が増えるのが5月から8月頃なのです。
紫外線を浴びると、真皮のコラーゲンやエラスチンが変質したり、大量の活性酸素やメラニンが作られたり、肌表面の乾燥が進んだりと、肌に良くないことだらけ。
夏のスキンケアを怠ると、シワ、シミ、くすみなどの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。
また、夏は湿気が多く肌がうるおっているようですが、汗によって体内の水分量が少なくなってしまいがちです。
身体の中の水分が少なくなれば、肌も乾燥しやすくなります。
エアコンの効いた部屋で長時間過ごしたり、屋内外での温度差にさらされたりすることも肌のダメージにつながります。
エアコンの冷えによる血行不良や、自律神経やホルモンバランスの乱れなども、ターンオーバーを乱す原因になることがあります。

夏の肌が求めているスキンケアって?

紫外線カットとアフターケア

そんな夏の肌を健やかに保つためのスキンケア方法をご紹介します。

日中の紫外線カットとアフターケアが大切

まずはできるだけ肌に紫外線を浴びないための対策が重要です。
日中、肌を露出する部分には、必ず日焼け止めを塗り紫外線対策を行いましょう。
夏は汗でメイクや日焼け止めが落ちやすいため、小まめな塗り直しが大切です。
日傘や帽子、長袖の衣類なども組み合わせて、とにかく紫外線を浴びる量をできるだけカットしましょう。
それでもある程度の紫外線を浴びてしまうのは避けられないため、夜はしっかりと保湿&美白成分などを肌に補うことをおすすめします。
また、緑黄色野菜やフルーツなどを食べてビタミンAやビタミンCを摂ることも、紫外線ダメージを抑えることに役立ちます。

保湿スキンケアで夏の乾燥から肌を守る

夏のスキンケアは美白にばかり注目しがちですが、夏の肌は想像以上に乾燥しやすい状態です。
「さっぱりと化粧水だけで済ませる」というケアはおすすめできません!
化粧水で水分を補った後、保湿成分を含む美容液などでしっかりと肌をうるおわせましょう。
乳液も夏だからと省略せずに軽く伸ばしてきちんと保湿してくださいね。
オールインワンタイプの化粧品は、化粧水やクリームなどの機能がそなわっているため乾燥対策におすすめです。

生活リズムを整えて元気な肌に

肌はダメージを受けると、ターンオーバーのサイクルが乱れがちです。
ターンオーバーの乱れは、ニキビや肌荒れ、くすみやごわつきなどシミやシワなどさまざまな肌トラブルや老化の原因になってしまいます。
できるだけ規則正しい生活質の良い睡眠栄養バランスの良い食事などを心がけて、肌のターンオーバーを整えることを意識しましょう。
紫外線対策や乾燥ケアなど、夏にきちんとしたスキンケアを心がけておくことで、乾燥しやすい秋冬の肌状態を良好に保つことにもつながります。
夏のダメージに負けないよう、肌を優しくいたわってあげてくださいね。

まとめ

夏の肌は強い紫外線の影響を受けやすく、また水分も不足しがちな乾燥しやすい季節でもあります。日焼け止めを使った毎日の日焼け防止はもちろん、肌のうるおいを逃がさない保湿ケアも心掛けましょう。

↓夏のお肌に『メトラッセ スペシャルマスク』でうるおい補給
夏のお肌に『メトラッセ スペシャルマスク』でうるおい補給
ページ先頭へ