メトラッセコラム

2016.02.11

リップクリームは唇が荒れる原因に?ガサガサ唇の予防や改善策とは

ガサガサ唇の予防や改善策とは

まだまだ空気の乾燥する季節が続いていますね。乾燥する時期につらいのが唇の荒れです。
しっかりとケアしているつもりでも、ふとしたきっかけで「ピッ」と割れて「痛い!」なんて経験のある方もいるのではないでしょうか。
そんなつらいガサガサ唇は、原因を知ってしっかりと対策したいもの。
そこで今回は唇が荒れてしまう原因と予防方法についてご紹介します。

唇が荒れてしまう主な原因は?

唇が荒れてしまう主な原因

ガサガサ唇を引き起こす原因は、主に以下のようなものあると言われています。

栄養の不足、偏り

唇のうるおいを保つためには十分な栄養が欠かせません。
中でもビタミンB群やビタミンCが特に必要です。
これらの栄養素が足りていないと、唇は荒れてしまいます。

清潔に保たれていない

唇は清潔に保たれていないと荒れやすくなってしまいます。
たとえば、唇に付着したままの食品が刺激となって唇が荒れることも。
食事の後はきちんと唇を拭いて清潔に保ちたいですね。

口紅をきちんと落とせていない

日中の唇に塗っていた口紅は、クレンジングで丁寧に洗い落としましょう。
唇に化粧品の成分が残っていると、それらが沈着して刺激となり唇が荒れる原因となってしまうことがあります。

ストレスや胃腸の不調、睡眠不足までもが原因に!

ストレスを抱えていたり胃腸の調子が良くない場合にも唇が荒れることがあります。
また、睡眠不足や睡眠の質の低下も唇の荒れの原因になります。
日頃からなるべくストレスはためないようにし、胃腸を健康に保って、規則正しい生活を心掛けたいものですね。

リップクリームが唇の荒れの原因になることも!?

リップクリームが唇の荒れの原因

唇の乾燥対策としてこまめにリップクリームを塗っている方も多いかと思います。
でも、これが唇にとって悪影響になる場合があります。
リップクリームには油分や保湿剤、添加物などさまざまな成分が含まれているので、使う人によってはこれらの成分が刺激になり、唇荒れを引き起こしてしまう場合があります。
そのため、自分に合わないリップクリームを使い続けると、かえって唇が荒れてしまうことがあるのです。

唇の荒れへの対策は?

唇の荒れへの対策

唇の荒れの予防や改善には、以下のようなことを心掛けてみましょう。

ワセリンを使う

リップクリームを使って唇が荒れてしまうという人は、リップクリームのかわりに「ワセリン」を使ってみてはいかがでしょうか。
ワセリンには余分な添加物が入っていないので、ガサガサ唇の原因となる刺激をおさえることができるでしょう。

唇によい栄養分を摂る

唇のうるおいを保つために必要なビタミンB群はレバーや豚肉に多く含まれています。
またビタミンCは柑橘類に多く含まれていますので、積極的に食事に取り入れたいですね。
もちろん、食事はバランス良く摂ることも大切です。

唇パックをする

荒れた唇を改善させるのにおすすめなのが、蜂蜜パックです。
洗顔で唇の汚れをしっかり落とした後、蜂蜜とワセリンを1:1の割合で混ぜたものを唇に優しくつけて、その上からラップをかぶせて5分~10分待ちます。
これを一日一回就寝前にするだけで、うるおいのある荒れにくいぷるんっとした唇になるのでぜひ試してみてください。

まとめ

今回は、唇が荒れてしまう原因と予防方法についてご紹介しました。だんだん暖かくなってきましたが、まだしばらく空気の乾燥は続きます。
お肌だけでなく唇もしっかりとケアして、乾燥する季節を乗り切りましょう!

ページ先頭へ