メトラッセコラム

2016.02.11

肌のベタつきは乾燥が原因だった?肌を老化させるインナードライとは

肌を老化させるインナードライ
おでこや鼻のメイクが崩れやすい、ポツポツとニキビができてしまうなどの肌悩みをお持ちの方、もしかするとそれは乾燥が原因かもしれません。
肌がベタつくため、乾燥しているようには一見感じられない隠れた乾燥肌「インナードライ」。このインナードライ肌は、肌を老化させてしまう要因の1つと考えられています。

インナードライが肌の老化につながる?

気温や湿度が高いと汗や皮脂が多く排出されにベタつきが見られます。
この場合、一見肌が潤っているように感じるため乾燥肌ではないと考える方が多いようです。
ですが、皮脂が多く排出されるのは肌の乾燥が原因となっている場合があります。
肌は乾燥すると皮脂を分泌して肌を守ろうとする働きが活発になります。
適切なケアをしないと肌の内部の水分が不足して乾燥し、皮脂ばかり分泌されてしまい気づかない間に脂性肌のようになってしまうのです。
これが「インナードライ」です。

インナードライが肌の老化につながる?

肌の老化を進行させるのは「乾燥」です。
肌の内部が乾燥しているインナードライも、肌の老化の原因になってしまいます。
肌は乾燥すると表面にある角質層が剥がれやすくなり、細胞同士の隙間から水分が蒸発してしまいます。水分が少なくなってしまった肌は、薄く硬くなり、さらに潤いやハリが失われてしまいます。
そのため「シワ・たるみ・くすみ」など、肌を老化させるトラブルの原因になります。

インナードライ肌のチェックポイント

インナードライ肌のチェックポイント

・おでこから鼻、あごにかけてのテカリやベタつきが気になる
・冷房や暖房をきかせた室内など、空気が乾燥した場所で過ごすことが多い
・頬や顔周りにニキビや吹き出物が出ることが多い
・あぶらとり紙を使うことがある
・キメが荒く、毛穴が目立ちやすい
・肌のつっぱり感が気になる
以上の点で、3つ以上当てはまる場合はインナードライの可能性が高く、ケアの見直しをオススメします。
次に肌を乾燥による老化から守る方法についてご紹介します。

インナードライ肌のお手入れ方法

インナードライ肌のお手入れ方法

インナードライ肌のケアの基本は「洗う・潤す・補う」の3つです。

①洗う

洗顔のポイントは「強くこすらないでやさしく丁寧に」洗うことです。
洗顔料はしっかり泡を立てて、肌の上を転がすように洗います。
最初にしっかり汚れや余分な皮脂、古い角質を落としましょう。
洗顔料をすすぐときに熱めのお湯で洗うと、肌の必要な皮脂まで奪ってしまうので人肌程度のぬるま湯で行います。
すすぎ残しがないようしっかり洗い流しましょう。

②潤す

化粧水は潤いを与える大切な工程です。
洗顔後は15分以内に化粧水をつけるようにしましょう。
化粧水をつけるときは指の腹部分やコットンなどを使って、顔の中心から外側に向かうようにやさしくなじませます。

③補う

化粧水で肌が潤ったら、乳液やクリームを使って潤いを閉じ込めます。
手のひらで肌を包み込むように押さえながらなじませましょう。
乾燥肌を改善するには一時的に潤いを与えるだけではなく、毎日のお手入れでしっかりとした肌の土台を整えることが重要です。

室内でも対策

夏はエアコンによって、室内の空気が必要以上に乾燥している場合があります。
そんなときは、天然の加湿器といわれている観葉植物も有効な乾燥対策のひとつです。
オフィスなどに小さい観葉植物を置いておくと、乾燥対策だけではなく気分もリフレッシュできそうですね。
さらに、葉に霧吹きなどで水をかけてあげると植物の蒸散作用が活発になるので部屋の乾燥対策に効果的です。

まとめ

今回は、インナードライの原因と対策をご紹介しました。
インナードライは毎日のケアで対策することができます。インナードライが引き起こす肌の乾燥や老化に負けない潤い肌を、毎日のケアで実現しましょう。

↓必要なものを残しながらしっかり洗浄『メトラッセ ジュエリーソープ』
必要なものを残しながらしっかり洗浄『メトラッセ ジュエリーソープ』
ページ先頭へ