メトラッセコラム

2016.02.11

肌のテカリは乾燥が原因?夏の隠れた乾燥によるベタつき肌のお手入れ方法

乾燥によるベタつき肌のお手入れ
ご存じのとおり、夏はお肌の大敵である紫外線がたっぷりと降り注いでいます。紫外線は肌のバリア機能を破壊してしまうため、お肌の乾燥やシミやシワを引き起こします。
紫外線の少ない室内でも、エアコンの風や乾燥が肌ダメージの原因になります。
また冬と比較して汗をかきやすい夏は、汗が蒸発して乾燥したり、汗をタオルで拭きすぎて角質がダメージを受けたりということも。
さらに、暑さを和らげるためついつい冷たいものを食べ過ぎてしまいがちですが、胃腸が冷えると免疫力の低下や、血の巡りが悪くなることで代謝が乱れ、結果としてお肌の乾燥につながってしまいます。
このように、夏は乾燥などの肌トラブルを引き起こす原因がたくさん潜んでいます。

ベタつく肌に潜む、隠れ乾燥

ベタつく肌に潜む、隠れ乾燥

暑い夏はお肌がベタついて不快な思いをすることも多いものです。
肌がベタついている状態は一見するとうるおいがあり、乾燥とは無縁のように見えますが、実はベタつきと潤いは全く別のものなのです。
お肌は水分が不足すると、肌自身が乾燥を防ごうとして皮脂を出します。
つまり、ベタつくほど過剰な皮脂が分泌されている状態は、お肌の水分が不足して乾燥しているサインなのです。
このように、ベタベタ肌の内側の肌は、砂漠のように乾燥している場合があります。
さらに皮脂と水分のバランスが崩れて皮脂の分泌が過剰な状態が続くと、ベタつきやテカリだけではなく、皮脂の酸化によってニオイや肌のダメージにつながってしまいます。

ベタつき・テカリ肌のお手入れ

ベタつき・テカリ肌のお手入れ

まずはテカリやベタつきのもととなっている過剰な皮脂を取り除くことが大事です。
ベタつく肌をスッキリさっぱりするために、洗浄力の高い洗顔料を選びたいところですが、ベタベタ肌はお肌が乾燥し、皮脂と水分のバランスが崩れている状態です。
強い洗浄力で必要な油分まで落としてしまうと、肌は水分を保持することができなくなってしまうため、肌を構成しているアミノ酸が入っている洗顔料など、肌に優しいタイプを選ぶことをおすすめします。

洗顔後は乾燥防止のために、しっかりと化粧水を使って保湿しましょう。
化粧水は保湿効果が高く、お肌にマイルドなタイプを選びたいもの。冷やしておくとつけた時に心地よく、また毛穴が引き締まるので洗顔後の汗もおさえられます。
化粧水でしっかり保湿した後は、乳液や保湿ジェルでのケアも忘れないようにしましょう。

まとめ

今回はベタつき肌に隠れた夏の乾燥肌の対策方法についてご紹介しました。一見乾燥とは関係のないように思える肌のベタつきやテカリも、実は肌の水分が失われることで皮脂が過剰に分泌されている場合があります。過酷な夏に負けないよう、保湿を徹底してお肌をダメージからしっかり守りましょう。

↓アミノ酸からできたお肌にやさしい石鹸『メトラッセ ジュエリーソープ』
アミノ酸からできたお肌にやさしい石鹸『メトラッセ ジュエリーソープ』
ページ先頭へ