メトラッセコラム

2017.12.22

化粧のノリが悪い原因と対策をチェック!翌朝の化粧のノリを良くしよう

化粧のノリが悪い原因と対策

「昨日と今日の化粧のノリが違う」と感じたことはありませんか?
朝の化粧のノリが良いとメイクの時間が短縮される上、メイクも楽しくなりますよね。反対に化粧のノリが悪いと、メイクに時間がかかり、気分も上がらないものです。毎日化粧のノリが良ければ、メイクの時間がより充実するのではないでしょうか。
今回は、化粧のノリについて原因と対策を詳しくご紹介します。

化粧のノリと肌のキメの関係

化粧のノリが悪い原因は、肌のキメが乱れていることが主に関係しています。
肌の表面を拡大してみると皮溝(ひこう)という溝が交差していて、その溝に囲まれるように皮丘(ひきゅう)という盛り上がった部分が見えます。
三角や四角の形をした皮丘がたくさん見える状態が、キメの整っている肌の状態と言えるでしょう。

反対にキメが整っていない肌は、皮丘が大きく皮溝も広がる傾向にあります。キメが粗いので、なかには皮丘の形さえ確認できない肌もあるほど。
肌のキメは生まれつきでもありますが、年齢を重ねるに従って変化していく傾向にあります。
若い頃、化粧のノリが良かった方も年齢を重ねることによって徐々にキメが粗くなり、化粧のノリが悪いと感じることがあるかもしれません。

化粧のノリが悪いのはなぜ?

ターンオーバーのサイクルが乱れている

ターンオーバーのサイクル肌のターンオーバーは28日サイクルで行われることが最適とされています。
このターンオーバーのサイクルが乱れると肌のキメも乱れ、化粧のノリに影響します。不規則な生活やストレス、紫外線などがターンオーバーのサイクルを乱す大きな原因です。

 

 

 

 

肌の水分量の低下

肌のキメと肌の水分量は深い関係があり、皮丘に含まれる水分量が多いとふっくらとした弾力のある肌を保つことができます。反対に皮丘に含まれる水分量が減ると、ハリがなくなり肌がたるんできます。
保湿成分が配合されている化粧水で肌を十分にうるおわせて、乳液や美容液でしっかりと肌のうるおいを保護しましょう。

化粧のノリを良くする対策

メイク前のひと手間

メイク前に蒸しタオルを使うことで化粧水の浸透力がアップし、血行が良くなります。
蒸しタオルは、タオルを電子レンジで20秒~30秒温めるだけなので、忙しい朝でもそれほど負担にはならずオススメです。ですが、顔の皮膚は非常に敏感なため、温めすぎには十分注意しましょう。

生活習慣の改善

睡眠は、成長ホルモンを分泌させ細胞を修復するための大切な時間です。
できるだけ十分な睡眠時間を確保し、寝る前は照明を少し暗めにしたり、カフェインやアルコールを控えたり、工夫するようにしましょう。
また、栄養のバランスの整った食事を摂るとともに、β-カロテンの多い食べ物を摂取することで皮膚や粘膜を丈夫にし、肌荒れを予防してくれる効果が期待できます。
β-カロテンは、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれているため、積極的に摂取するように心掛けましょう。

湯船に浸かる

湯船に浸かる入浴時はいつもシャワーだけで済ませているという方は、お風呂にしっかりと入ることも効果的です。
湯船につかることで、老廃物の排出をサポートし、新陳代謝を活発にする効果が期待できます。38℃~40℃のぬるめのお湯に15分~20分ほど浸かることで、睡眠の質の向上にもつながるでしょう。

 

 

メイクを見直す

スキンケアのあと、すぐにファンデーションを塗っていませんか?
特に肌が乾燥しがちな方は、化粧水や乳液をしっかり肌に浸透させてからメイクをはじめましょう。しっかり浸透させた後に、保湿成分が含まれている化粧下地を使うことで、ファンデーションやアイメイクなど、化粧のノリが良くなります。また汗や皮脂などによる化粧崩れが起こりにくくなりますよ。

まとめ

普段の食事や睡眠などの生活習慣の見直し、メイクのやり方を変えるだけで化粧のノリの改善につながります。化粧のノリが良いとメイクの時間も楽しくなり、気分も上がるため一石二鳥と言えるでしょう。
今回ご紹介した内容を日々の生活に取り入れて、化粧のノリを実感してみてください。

 

↓『メトラッセ エクストラオールインワン』でしっかり保湿して化粧ノリUP

『メトラッセ エクストラオールインワン』でしっかり保湿して化粧ノリUP

ページ先頭へ