メトラッセコラム

2018.08.24

「いちご鼻」とはサヨナラ!黒ずみ・毛穴開きの原因とオススメの改善方法

いちご鼻小粒でかわいい果物の名前がついているにもかかわらず、女性からも男性からも敬遠される「いちご鼻」。鼻は顔の中心にあるため、他人が見たときに意外と目立つ部分でもあります。
いちご鼻になると化粧ノリも悪くなるので、女性からすると厄介な肌悩みですよね。
そこで今回は、いちご鼻をつくる黒ずみや毛穴の開きの原因とオススメの改善方法をご紹介します。

いちご鼻とは?

いちご鼻とは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まった状態で酸化し、毛穴が黒ずんで肌の表面がいちごの種のように見える鼻のことです。顔の中でも皮脂分泌の多い鼻は、汚れや皮脂、古い角質がたまりやすい場所といえます。また、鼻の毛穴が開いて元の状態に戻りにくくなり、毛穴がくぼんで見える状態もいちご鼻の1つです。

毛穴開きや黒ずみの原因は?

毛穴の開きにはいくつかのパターンがあります。具体的には、毛穴の中の角栓が黒い、肌が乾燥しているなどです。他にも、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまることで毛穴が開きやすくなるケースもあります。

一方、毛穴の黒ずみの原因は3つあります。それぞれ、毛穴に詰まった角栓や汚れが酸化した「黒角栓毛穴」、毛穴の周りにメラニン色素が色素沈着した「メラニン毛穴」、そして夏になると黒ずみが目立ってくる「角栓毛穴」といいます。

毛穴開きや黒ずみにオススメの改善方法

では、毛穴開きや黒ずみに効果のあるケア方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
よく知られているものとしては、綿棒にオイルをつけて毛穴をくるくる擦る方法。確かに毛穴の汚れや角栓は落ちますが、肌に摩擦がかかるのであまりオススメできません。
そこで、以下の方法を試してみてください。

【1】蒸しタオル

まず、毛穴に詰まった黒ずみや角栓、皮脂汚れを取り除くには、毛穴をしっかり開かせる必要があります。毛穴を開きやすくする方法として、オススメなのが蒸しタオル。タオルを水でぬらしてしぼり、電子レンジで温めたものを顔全体にのせるだけの簡単ケアです。蒸しタオルの熱と蒸気で角質を柔らかくし、毛穴に詰まった角栓や汚れを浮き上がらせる事もできます。角質が柔らかくなり毛穴も開ききったら、洗顔料をよく泡立てて、顔や鼻を優しく泡で洗いましょう。

また、適度な温度のタオルを顔にのせるため、血の巡りを良くし、肌の代謝を高める効果も期待できます。老廃物を流してくすみを改善するなど、肌のエイジングケアにもつながります。

また、蒸しタオルの作り方や注意点などはこちらのコラムで紹介をしています。
↓ぜひ一度ご覧ください。↓
『クマやくすみの解消にも!毛穴の汚れを除去する蒸しタオルの活用法』

【2】鼻パック

鼻パック毛穴の汚れや黒ずみを取る、スペシャルケアとしてオススメなのがパックです。
肌に直接貼るタイプや、クリーム状のものを肌にのせてはがすタイプのパックもありますが、肌への刺激が大きいためオススメできません。泥パックなど洗い流すタイプが肌への刺激が少なくオススメです。

泥パックは、泥に含まれる成分が、毛穴の汚れを吸着し洗い流してくれます。特に汚れが気になるときは、酵素洗顔との併用も良いでしょう。
パックによるスペシャルケアは、週に1~2回ほどの頻度で行いましょう。

【3】保湿ケア

保湿ケア毛穴を開かせたあとに欠かせないのが保湿ケアです。
洗顔のあとはできるだけ時間を置かずに、すぐに肌への保湿を行いましょう。肌の保湿をせずにいると、毛穴が汚れる可能性があります。また、毛穴の黒ずみや汚れを除去したあとの肌は乾燥しやすい状態のため、化粧水はもちろん乳液やクリーム、美容液を使用してうるおいを与えてください。これらの保湿ケアは毛穴をキュッと引き締め、肌のキメを整える効果もあるので必ず行いましょう。

化粧水などに含まれる保湿成分としてオススメなのは、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・プロテオグリカンです。特にプロテオグリカンは、ヒアルロン酸やセラミドよりも保湿効果の高い美容成分といわれています。シミやシワ予防などエイジングケアにもつながるため、スキンケア用品を選ぶときの参考にしてくださいね。

まとめ

今回は、いちご鼻の特徴である毛穴の開きや黒ずみの改善方法についてご紹介しました。
日常でも続けやすいスキンケアとして、蒸しタオルの活用や泥パックがオススメです。毛穴の汚れを取り除いたあとは必ず保湿をして、毛穴を引き締め、たっぷりとうるおいを与えることも忘れないでくださいね!

↓ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・プロテオグリカンでたっぷり保湿
『メトラッセ エクストラオールインワン』

↓スペシャルなうるおいケアに『メトラッセ スペシャルマスク』

ページ先頭へ