メトラッセコラム

2016.02.11

肌へのダメージ何とかしたい!化粧したまま寝てしまった翌日のケア方法

肌へのダメージ

化粧したままではいけないと思いつつも、疲れていたりお酒を飲んだりした後は化粧をしたまま寝てしまったこともあるのではないでしょうか。
ただでさえ疲れた状態に加え、肌へのダメージも夜の間ずっとかかってしまいます。
うっかり化粧したまま寝てしまったときのため、しっかりとスキンケア方法を覚えておきましょう。

化粧したまま寝てしまった肌への影響

化粧したまま寝てしまった肌への影響

化粧をしたまま寝てしまうと肌老化の大きな原因となります。
肌は、夜の間ずっと化粧の油分と皮脂に覆われているため、皮脂過多になり必要な水分が失われたまま肌が乾燥している状態です。
この皮脂は肌老化だけでなく、顔ダニのエサになってしまうので肌荒れの元にもなります。
また、化粧成分が皮脂や汗と混ざった「汚れ」は活性酸素を発生させ、しつこいシミを生み出してしまう過酸化脂質に変化していきます。
この汚れが毛穴に入り込むとターンオーバーを乱す原因ともなり、さらなる肌老化を招いてしまうのです。

まずはしっかり洗顔

一番にしたいことは化粧をしっかり落とすことです。
肌は眠っている間に汗で汚れるため、普段から朝の洗顔は必要ですが、化粧をしたまま寝たことで肌は通常よりも汚れています。
化粧を落とすときには専用のクレンジングを使用してください。
クレンジングを多めに取り、肌に乗せる前に指で軽く擦り温めてから肌に乗せましょう。
毛穴がクレンジングの冷たさできゅっと縮まることなく、毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。
急がず、擦らずにゆっくりと時間をかけて落としてください。
その後は洗顔フォームをしっかり泡立て、泡で毛穴の奥の汚れまで落としましょう。

洗顔後には保湿!

洗顔後には保湿!

次に大切なことは保湿ケアです。
化粧水は肌の水分補給になりますので、たっぷりと使用しましょう。
できればコットンを使用して肌にまんべんなく水分を行きわたらせることが大切です。
導入化粧水や化粧水スプレーなどがあれば、化粧水前に肌に使用することで肌を柔らかくし、化粧水を入りやすくするためおすすめです。
また、シート状のマスクなどを15分ほど使用するのもいいでしょう。
それ以上長く使用すると逆に肌の水分を取られてしまい、肌がさらに乾燥してしまいます。
化粧水を使用した後は手で顔を包むように軽く押さえ、手のひらの熱で化粧水をしっかりと奥まで浸透させましょう。
化粧水の後にはクリームや乳液などでフタをするのが鉄則ですが、一本ですべてまかなえるエッセンスもおすすめです。

マッサージを取り入れる

マッサージを取り入れる

繰り返しになりますが、化粧をしたまま寝た肌は乾燥しています。
そんなときにはマッサージによるケアを取り入れることをおすすめします。
マッサージクリームを使用する場合はメーカーによって化粧水前・後など手順がありますので、それに従ってください。
マッサージをするときには肌を擦るのではなく、その下にある筋肉を動かすことを意識してください。
マッサージは顔の有酸素運動ですので、次に使用する化粧水の入りを良くしてくれます。
乾燥によって透明感をなくした肌の血行を良くすることで、肌の透明感を取り戻すことができるのです。

まとめ

今回は、うっかり化粧を落とさずに寝てしまった翌日の対処方法をご紹介しました。
化粧はしっかり落として眠ることが大切ですが、もしもそのまま寝たときは洗顔と保湿によるアフターケアを心がけましょう。
疲れてダメージを受けた肌のため、いつものスキンケアよりも丁寧に行ってあげてくださいね。

↓『メトラッセ エクストラオールインワン』でしっかりアフターケア

ページ先頭へ