メトラッセコラム

2016.02.11

肌荒れの原因は胃腸にあった?内臓機能が及ぼす肌への影響について

内臓機能が及ぼす肌への影響
肌の調子を整えるためには外側からのケアだけでは十分ではありません。
「体の調子が良ければ肌の調子も良い」と言われるほど、内臓と肌は大きくかかわりがあるのです。
今回は、内臓機能が肌にどのような影響を与えるのかについてご紹介します。

胃腸が弱ると肌が荒れる!?
内臓機能が低下すると肌荒れが起こりやすくなります。
特に胃腸が弱っていると肌荒れを起こしやすいと言われています。
胃や腸が正しく機能していないと、消化機能が低下して栄養素をきちんと吸収できなくなってしまいます。
そのため肌に必要な栄養素が不足してターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。
また、腸は栄養を吸収するだけでなく、老廃物や毒素を体外へ排出する働きも担っています。
このように、腸の機能が低下すると体内に毒素がたまり、肌荒れの原因となってしまうことも。

暴飲暴食が肌荒れの原因になることも

暴飲暴食が肌荒れの原因

「暴飲暴食をしてニキビができてしまった」という経験をしたことがある人は少なくないと思います。
これはまさに胃腸が弱ることによって起こる肌荒れの典型です。
暴飲暴食をすると、消化機能を高めるために血液が胃に集中します。
そうすると全身にバランスよく血液が回らなくなってしまい、代謝が低下して肌荒れを起こしやすい状態になります。
また、暴飲暴食で摂り過ぎてしまった脂質や糖質がニキビの原因になるとも言われています。
暴飲暴食や冷たいものの摂りすぎに注意して胃腸をはじめとした内臓機能の負担を減らし、ビタミン類を豊富に摂るようにしたいですね。

便秘も肌荒れの原因のひとつ

便秘も肌荒れの原因

便秘も肌荒れの原因になります。
便秘は腸がうまく機能していないことによって起こります。
本来スムーズに排出されるべき便が腸に留まっていると、腸内環境が乱れ悪玉菌が増えてしまいます。
悪玉菌の働きで腸内の食べ物のカスが腐敗して、有害物質やガスなどの毒素が大量に発生してしまうのです。
こうした毒素が腸から吸収され、血液によって全身へと運ばれることで、肌トラブルの原因となってしまうのです。
また、敏感肌やアレルギー体質の原因にもなると考えられています。
便秘にならないように日頃から水分を小まめに摂り、食物繊維が不足しないように心がけたいですね。

まとめ

以上のように、胃腸などの内臓機能は肌荒れと大きなかかわりがあります。食生活や生活リズムを見直し、内臓に負担をかけないよう内側からの美しさを目指してみてはいかがでしょうか。

↓敏感肌にも安心なうるおい洗顔『メトラッセ ジュエリーソープ』
敏感肌にも安心なうるおい洗顔『メトラッセ ジュエリーソープ』
ページ先頭へ