メトラッセコラム

2017.09.29

肩こりがひどい時はどうするべき?簡単なストレッチなどの肩こり解消法

肩こり解消法

「最近、肩が重くて仕事にならない……」そんな状態に悩んでいませんか?肩こりは、デスクワークが長い方や肉体労働をしている方に起こりやすい症状ですが、今や学生を悩ませる症状としても知られています。
今回は、肩こりがひどい時はどうするべきか、肩こりの原因や解消法と合わせてご紹介します。

肩こりとは?

「肩こり」とは、肩や首周りの筋肉が緊張して固くなり、その部分が血行不良を起こしている状態です。筋肉の異常な緊張によって、肩周りに違和感や痛みが生じるようになるのです。

肩こりを引き起こす原因

肩こりを引き起こす原因筋肉が緊張して血行不良になることで起きる肩こり。引き起こす原因は1つではありません。
姿勢が悪い、長時間同じ姿勢のまま」「精神的なストレス」「歯のかみ合わせ」など、肩こりは普段の何気ないクセや習慣、仕事のやり方によって簡単に起きてしまいます。

特に最近では、スマホを操作する時に少し前かがみになる姿勢を長時間続けることによって、「ストレートネック」や「スマホ巻き肩」といった現代病に発展してしまう恐れもあります。
これらの病気は慢性的に肩こりを引き起こすだけでなく、悪化すると手がしびれたり、首・肩が上がらなくなってしまいます。

ひどい肩こりの解消法

痛みを伴う肩こりを感じた時は、強く押したり揉んだりするのではなく、血行を良くするために首から鎖骨のリンパ節あたりを擦るようにしましょう。

目の疲れや頭痛があまりないようであれば、腕をゆっくり回すのがオススメです。左右逆に回すと肩甲骨付近の筋肉がほぐれます。また、血行促進やリラックス効果も見込める入浴は、肩こりの改善に期待が持てます。
ただし、ひどい肩こりがあまりに長く続くようであれば、我慢せずに病院に行きましょう。

肩こりの軽減に役立つストレッチ方法

肩こりを感じたら、まずは筋肉をほぐすように心がけましょう。肩こりの原因がストレスの場合でも、ストレッチによって気分をリフレッシュできるはずです。ここでは、簡単に筋肉をほぐすことができるストレッチをご紹介します。

肩・首周りの筋肉を緩ませるストレッチ

筋肉を緩ませるストレッチまず、姿勢を正してください。
両手を背中で組み、胸を大きく開く様に腕を引っ張ります。そしてぐっと背中を伸ばしましょう。
肩甲骨の内側に意識を集中させると、筋肉が緩むのを感じ取ることができます。椅子に座っていてもできるのがポイントですね。

普段からデスクワークをすることが多い方は長時間同じ姿勢でいることや冷房によって疲労が蓄積されやすいので、こまめなストレッチで身体も心もリフレッシュしましょう。

 

 肩・首周りの筋肉を伸ばすストレッチ

次は、緩ませた筋肉を伸ばすストレッチです。

まず、右手を高く上げた状態で肘を曲げ、左のこめかみのあたりに右手を持っていきます。
そして首を右前に軽く引っ張って倒します。これを左右入れ替えて行いましょう。

これを何回か行うと、血行が良くなって身体が暖まっていくのを感じられるのではないでしょうか。血行が改善されると頭もスッキリしてきます。仕事前や仕事の間に行って作業の効率アップにつなげましょう。オフィスでも気兼ねなく行えるストレッチなので、こまめに行ってみてください。

肩甲骨周りのストレッチ

肩甲骨周りのコリは肩こりに影響しているといわれています。肩甲骨周りのストレッチのポイントは、とにかく腕を回すように動かすことです。

まず、肩を丸めて腕を前に伸ばします。手のひらは下に向けて、肩甲骨が離れているのを意識してください。
次に、肘を曲げながら胸を開き、痛くない範囲で、肩甲骨をギュッとくっつけるように引いていきます。この動きを、腕の角度を変えて何回か行うと良いでしょう。

まとめ

今回は、肩こりの原因や解消法となる簡単なストレッチをご紹介しました。
肩こりがひどい時は、入浴やマッサージによって血行を良くすることで改善する場合もあります。また、普段の姿勢や歯のかみ合わせに影響を与えることもある親知らず など、肩こりの原因を取り除くことも大切です。

肩こりを甘く見ていると、日常生活に支障が出るほどの痛みや、関連した病気を患ってしまう場合もあります。何より自分自身がつらいですよね。
「肩が重い、痛い」と感じる前に、ストレッチでセルフケアを行いましょう。仕事の合間にも簡単にできますので、ぜひ活用してみてください。

ページ先頭へ