メトラッセコラム

2018.11.16

冬のダイエットが成功しないのは「冷え性」が原因?冷え性を改善して健康的に痩せよう

冷え性を改善して健康的に痩せよう
冬は痩せにくい……そのように感じている方が多いのではないでしょうか。
寒くなる冬は汗をかく機会が減り、一方で忘年会やお正月などおいしいものを食べる機会が増え、体重が減りにくいと感じやすくなります。
しかし、冬のダイエットが成功しにくいのは、実は「冷え性」が主な原因であることが多いです。
そこで今回は、冷え性の原因や、冷え性の改善に役立つ方法をご紹介します。冷え性を改善して健康的に冬のダイエットを乗り切りましょう。

冷え性とは

冷え性とは、入浴後すぐに手足が冷えたり、手足や腰が冷えて眠れなかったり、身体が温まりにくく常に冷えているような感覚があることをいいます。特に女性に多いのが特徴です。
冷え性の原因は、自律神経の乱れや、血液の流れの悪化、筋肉量が少なく基礎代謝が低下することなど様々です。
例えば、つま先などの「末端冷え性」は身体の先まで十分に血液が行き届かず、手足が冷たいと感じやすくなります。他にも、冷房や薄着などが原因となることもあるでしょう。

冷え性と低体温の違い

冷え性の特徴は、身体が温まりにくく常に冷えている感覚がある状態のことをいいますが、必ずしも体温が低下しているわけではありません。
一方で低体温は、実際の体温も低く、身体の中心温度が35度以下の状態のことを指します。低体温の場合、命にかかわる場合もあるため、医師に診てもらう必要があります。

冷え性とダイエットの関係

前述通り、冷え性の原因の1つとして、筋力の少なさから起こる基礎代謝の低下が挙げられます。
基礎代謝とは、生命維持に利用される必要最低限の消費エネルギーのことです。基礎代謝が高いと必然的にエネルギー消費量が多くなるため、脂肪が燃焼しやすくなり、太りにくくなります。
反対に基礎代謝が低いとエネルギー消費量が少ないため脂肪が蓄えられてしまい、痩せにくくなってしまうのです。そのため、冷え性の場合、ダイエットを試みても成功しにくくなります。

身体の症状と冷えの関係

身体の不調の症状と冷えの関係また、冷え症だとダイエットが成功しにくくなるだけではなく、様々な身体の症状が起こります。

例えば、血液の流れが悪くなるため、肩のこりや、月経不順・月経痛などの月経トラブルなどが生じやすくなります。また、便秘など胃腸の不調も起こりやすくなり、肌荒れにつながってしまうことも。中には、身体の冷えから眠れなくなり不眠症になる人もいるのです。
冷え性は重大な病気だとはいわれていませんが、生活の質にかかわってくることは間違いありません。

冷え性を改善しよう!

冷え性は、ちょっとした心掛けで改善へと導くことができます。ここからは冷え性を改善へと導く方法をご紹介します。

栄養バランスの整った食事を心掛ける

栄養バランスの整った食事まずはバランスの整った食事を心掛けましょう。栄養バランスの良い食事が冷えの改善につながります。外食が多い方でも食事を選ぶ際は、1汁3菜・野菜の摂取を意識すると、栄養バランスの良い食事を摂取しやすくなります。

また、肉や魚に多く含まれる「たんぱく質」の摂取量を増やすことも意識しましょう。たんぱく質は、熱を産生する働きが大きく、身体を温めてくれます。筋肉や血液などをつくるためにも大切な栄養素となるため、積極的に摂取するようにしましょう。

適度な運動をする

基礎代謝を向上させるには、筋肉量を増やすことが大切です。そのため、栄養バランスの整った食事だけではなく適度な運動も必要です。エスカレーターではなく階段を利用するなど、普段の生活からできる限り動くことを意識してみてください。もちろん、エクササイズやストレッチを始めるのも効果的です。

ストレスをためない

冷えの原因の1つである自律神経の乱れは、ストレスが要因です。寝不足や仕事、人間関係などでストレスがたまっているかも……と感じている場合は、ストレスをためすぎてしまわないようにリフレッシュを心掛けましょう。良質な睡眠をとることもストレス解消につながります。

まとめ

今回は、冷え性の原因や、冷え性の改善に役立つ方法についてご紹介しました。
身体が冷えることで、消費エネルギーが減ってしまい、痩せにくい身体を作ってしまいます。ダイエットをしていて、冷え性だと感じている方は、まずは冷えを改善できるように心掛けましょう。そうすることで、冬のダイエットも乗り切れるはずです。

ページ先頭へ