メトラッセコラム

2018.03.09

猫背矯正で姿勢美人に!猫背の原因とお家でできるストレッチ方法

猫背矯正

背筋がピンと伸び、姿勢が良いとそれだけで姿勢美人に見えますよね。
猫背は、見た目の印象を悪くするだけでなくお肌や身体の不調にもつながるため、意識的に視線を上げたり、背筋を伸ばしたりと猫背を定着させないように改善をしていきましょう。
今回は、猫背の原因とお家でできる猫背改善ストレッチをご紹介します。

猫背とは

猫背とは、背骨が丸まって頭が前に出ている状態のことです。それが猫の丸まった背中に似ていることから「猫背」といわれています。
猫背は見た目の印象が悪くなるばかりでなく、顔の老けや下半身にも悪影響を及ぼし、腰痛やぽっこりとした下腹、垂れ尻などの原因にもつながります。さらに視線が下に向くようになるため、自律神経失調症や抑うつ病などを引き起こしやすくなるのです。

猫背の原因

日本人のほとんどは猫背の傾向があるといわれています。無意識のクセや生活習慣から猫背を定着させてしまっているかもしれません。
ここでは、猫背の代表的な原因をご紹介します。

長時間のスマートフォンやパソコンの使用

スマートフォンやパソコンの使用現代では、スマートフォンやタブレットの普及により老若男女問わずスマートフォンやタブレットを携帯している方が多いです。

画面を長時間見ることも多いため、スマートフォンなどの小さい画面は前かがみになって見ることになり、自然と姿勢が猫背になってしまいます。

デスクワークなど「座りすぎ」で運動不足

同じ体勢で長時間イスに座ってのデスクワークにより、姿勢が悪くなる傾向があります。
特に日頃から運動を行っていない方は運動不足に陥りがち。運動不足は筋力低下や血行不良にもつながるため、徐々に正しい姿勢を保つことができず猫背になってしまうのです。
また年齢を重ねるごとに、骨盤の歪みや筋力の衰えなど姿勢以外にも影響がでる可能性も。

ストレス

自分に自信がない方や体型にコンプレックスを感じている方は視線が下にいく傾向があります。
また、気分の落ち込みやストレスによって姿勢がうつむき気味になり、背中を丸めてしまうため、猫背のクセがついてしまいます。

猫背が引き起こす身体への影響

猫背は見た目の印象を悪くするだけではなく、身体にもさまざまな影響を引き起こします。
背中が丸くなると胃や腸などを圧迫して消化不良になる可能性もあります。また、姿勢が悪いことで血のめぐりが悪くなり、首や背中・肩のこりがひどくなる原因にもなります。
身体の血行不良により、冷えやむくみの他に「太りやすい体質になる」など思わぬ弊害が起こる場合もあるため、早い段階で解消することをオススメします。

お家でできる猫背改善ストレッチ

猫背改善ストレッチここからは猫背改善につながる、お家でできる簡単ストレッチをご紹介します。どれもかんたんにできるものなので、ぜひ試してみてくださいね。

自然呼吸を意識しよう

まず、ストレッチを始める前に呼吸法を意識してみましょう。
鼻から3秒間空気を吸い、口から3秒間ゆっくりと空気を吐き出します。この呼吸法をストレッチの合間に実践してみましょう。
姿勢が悪く猫背になりがちな方は、気づかない内に呼吸が浅くなっている傾向にあります。そこで自然呼吸を意識することで、通常の呼吸よりも深い呼吸になり身体の筋肉をやわらげ、背骨をまっすぐに伸ばそうとする自然の力が働きます。そのため、呼吸の仕方を意識することで背筋ものび、姿勢の矯正や猫背改善につながるのです。
また、正しい呼吸は身体全体に酸素が行き渡り、ゆっくりと呼吸することでストレス解消や心身のリラックス効果も期待できますよ。

肩甲骨のシワ寄せストレッチ

両手を身体の後ろで組み、腕を後ろに引くように伸ばします。次に、左右の肩甲骨を寄せて胸を開き背筋を伸ばします。ぐっと腕を伸ばすと同時に自然呼吸をしましょう。そこから腕を頭のてっぺんにもっていくとより背筋が伸び筋肉もほぐれていきます。

このストレッチは椅子の背もたれを使ってできるため、オフィスでも簡単に行うことができます。ストレッチのポイントは背中を丸めないこと。頭から上に引っ張られるイメージで行うと良いでしょう。

猫背リセットストレッチ

よつんばいの姿勢になり、おなかを引き上げながら背中を丸めましょう。
その後、肩甲骨から下に下げるイメージでおなかを床に引きつけながら背中をそります。
この動作を呼吸に合わせて何回か繰り返すと、自然と背骨が伸びて正しい姿勢をキープしやすくなります。お風呂上がりのストレッチとして行うのもオススメです。身体もほぐれて気持ちいいですよ。

まとめ

今回は猫背の原因とお家でできる猫背解消ストレッチをご紹介しました。
猫背は見た目の印象だけでなく、身体にも影響を及ぼします。
姿勢を正すだけで、雰囲気や体調が良くなり、身体の内外両方から良い効果が期待できるため、猫背改善ストレッチや日頃の行動を改めて行くことが大切です。
オフィスでの休憩時間やお家でのリラックスタイム、入浴後の隙間時間など少しの時間を有効に使い、猫背を改善していきましょう。

ページ先頭へ