メトラッセコラム

2016.02.11

シワになりやすい季節の肌ケアは?夏ジワの原因と対策

シワになりやすい季節の肌ケア

夏は日差しとともに、紫外線の強い季節。
夏の肌ケアといえば日焼けやシミ対策のイメージがありますが、実はシワになりやすい季節でもあります。
シワ対策を怠ると、夏が終わる頃には肌が老けた印象に変わってしまうことも。
夏にシワ(夏ジワ)ができやすい原因をきちんと理解し、そのための対策をしっかりと行いたいですね。

夏ジワができやすくなる原因は?

夏にシワができやすくなる原因

夏ジワができやすくなる原因は主に2つあります。

紫外線による影響

健康なお肌はコラーゲンと弾力線維がバネのように張っていて、お肌のハリを保っています。
しかし、紫外線を浴び続けるとそのバネは切れてしまい、お肌のハリが失われてしまいます。

乾燥による影響

乾燥と聞くと冬のイメージがありますが、夏はオフィスやお店などエアコンの効いた室内にいることが多くなります。
エアコンの効いた室内はとても乾燥しているので、お肌の水分が奪われてしまいます。
さらに、真夏のききすぎたエアコンは体を冷やす原因となり、肌の血行が阻害されて乾燥肌になるリスクを高めてしまいます。
そして乾燥した肌は角質層が剥がれやすく、小ジワの原因となり剥がれた部分の隙間に紫外線が入り込むことでさらにシワを進行させてしまいます。

このように、夏はシワになりやすい季節でもあるため十分な肌ケアを行う必要があります。

夏ジワを生まないための対策

夏ジワを生まないための対策

夏ジワにならないようにするために、次のような対策をご紹介します。

紫外線を防止する

外出時の紫外線対策としてはもちろん、室内で過ごす場合も日焼け止めクリームや紫外線防止効果のあるファンデーションを塗るようにしましょう。
ただし、効果は時間が経つにつれて薄くなるので、こまめに塗り直すようにしましょう。
紫外線は室内でもガラスを通して入ってきますので、外出しない日でも紫外線対策の肌ケアが必要です。

保湿による肌ケア

化粧水で水分をしっかりと与えること、そしてせっかくうるおった肌が乾燥しないよう保湿クリームでフタをすることで、肌の乾燥を防ぎます。
特にシワが気になる部分には、重ね塗りをするなど重点的に保湿しましょう。

美肌効果のある栄養素を取る

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEといったお肌に良い栄養素を取ることが夏ジワの対策となります。
これらの栄養素にはお肌を丈夫にし、肌のうるおいを保つ作用や肌の老化を防ぐなどの効果があると言われています。
夏に旬を迎えるニンジン・ブロッコリー・ウナギなどの季節の食材にはこれらの栄養素が豊富に含まれているので、体の内側からのシワ対策として作用してくれます。
また夏は食事が喉を通りにくいという方は、夏野菜をスープにすると栄養素を逃がすことなく、野菜のうまみも楽しめるのでおすすめです。

まとめ

今回は夏ジワができる原因とその対策についてご紹介しました。
夏はお肌の露出が多くなるので、肌荒れや肌がシワになりやすい季節でもあります。
しっかりと夏ジワ対策をして、きれいな肌のまま夏を乗り越えましょう。

↓保湿美肌成分を贅沢に配合した『メトラッセ スペシャルマスク』で夏ジワ予防
保湿美肌成分を贅沢に配合した『メトラッセ スペシャルマスク』で夏ジワ予防
ページ先頭へ