メトラッセコラム

2016.02.11

秋の美肌は“うるおい貯金”が左右する!夏からはじめるエイジングケア

夏からはじめるエイジングケア
夏の肌ケアは紫外線対策が注目されていますが、今から秋の準備をしておくこともエイジングケアにはとても大切です。
特に大切なのが、お肌の保湿―――“うるおい貯金”をして夏も秋もうるおいたっぷりの素敵なお肌を維持してみませんか。

エイジングケアには秋から夏にかけての対策が重要

秋から夏にかけての対策が重要

季節の変わり目は、肌トラブルを招きやすいものです。
肌トラブルの多くが乾燥によるもので、1年を通して肌を保湿していくことがうるおいのある美肌をつくるコツです。
中でも、夏から秋にかけて気温と湿度がガラッと変わるため、肌が乾燥しやすくなります。
夏の間に秋に向けての“うるおい貯金”によって、紫外線の影響を受けにくい肌づくり&乾燥しにくい肌を育てていくことが美肌のためのより良いエイジングケアと言えるでしょう。

夏は肌が乾燥しやすい季節

夏は汗や皮脂の分泌量が増加するため、肌の表面は一見うるおいがあるように感じられます。
しかし夏は紫外線、クーラー、汗などの影響によって、私達のお肌は想像以上に乾燥し、砂漠化しています。
そんな砂漠のような肌のまま空気が乾燥する秋を迎えてしまうと、肌の水分量はさらに減少してしまいます。

夏はエイジングケアに差が出る季節

夏はエイジングケアに差が出る

気温が高くなると食欲だけでなく、行動力も落ちてしまいますよね。
暑さに負けて、ついついお肌のお手入れを怠けてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
夏はエイジングケアに差があらわれる季節だからこそ、しっかり保湿してあげることでお肌のうるおいを守る必要があります。
保湿が足りないと、空調や紫外線などの影響でお肌はどんどん乾燥していきます。
夏の間に“うるおい貯金”ができていると、お肌は季節の変わり目に対抗できる「肌体力」を養うことができるのです。

まとめ

9月後半に入ると空気が急に乾燥してきます。
汗をかいてもすぐに蒸発しやすくなるため、肌のかゆみや肌荒れを感じるようになることも。
これを予防する意味でも肌のうるおいはとても大切です。
より良いエイジングケアとお肌のためにも、ちょっとひと手間をかけて、夏の間から秋を意識してお肌を十分に癒やしてみてはいかがでしょうか?
いつまでもプルプルのお肌でいるために“うるおい貯金”をはじめてみませんか?
貯金した“うるおい”はきっと、秋のお肌に応えてくれるはずですよ。

↓秋に向けて“うるおい貯金”『メトラッセ エクストラオールインワン』

ページ先頭へ