メトラッセコラム

2018.12.07

マリオネットラインを解消?!顔の筋トレでたるみ対策を始めましょう

マリオネットラインを解消?!
皆さんは「マリオネットライン」という言葉を聞いたことがありますか?口周りにできるラインといえば「ほうれい線」がよく知られますが、口の端から下がるマリオネットラインもなかなか手ごわい老け顔の原因です。老け見え対策にもマリオネットラインの解消は欠かせません。
そこで今回は、マリオネットラインをできにくくし顔のたるみ対策にもなる筋トレをご紹介します。

マリオネットラインとは

マリオネットラインは、唇の両側から下に向かってのびる線のことを指します。名前の通り、腹話術などに用いられる人形(マリオネット)の口元に似ていることから、この呼び名がつきました。
マリオネットラインは、個人差がありますが40代から気になり始める方が多いのが特徴です。初めのうちはよく見ないと分からない程度でも、年齢を重ねるにつれ徐々に目立つようになります。

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインができる原因は、顔や顔周りの「たるみ」です。さらに詳しくいうと、口周りの表情筋や肌内部の衰えが原因といえます。
これからご紹介する顔の筋トレはスキマ時間に手軽にできますので、ぜひ試してみてくださいね。

顔の筋トレでマリオネットライン対策!

顔の筋トレでマリオネットライン対策

それでは、マリオネットラインを予防・解消するために、顔の筋トレでたるみ対策を始めましょう。

ここからは、顔の筋トレ法をご紹介します。筋トレは、口の周りにある「口輪筋」、口元から下あご、首にかけて広がる「広頚筋」、上唇と広角を下に引く「口角下制筋」の3つの部位に分けて行います。

1.口輪筋トレーニング

口輪筋(こうりんきん)とは口の周りにある筋肉で、口を閉じたりとがらせたりする役割を担っています。口輪筋が衰えると、徐々に皮膚の重みを支えられなくなってマリオネットラインができてしまいます

<トレーニング方法>
1.口をすぼめてぐっと前に突き出し、「お」の形にします。
2.そのまま5~10秒キープしてください。

口輪筋のトレーニングは、1日3セットを目安に行ってください。
500mlのペットボトルをくわえて行ってもよいでしょう。その場合は歯でペットボトルを噛んで支えるのではなく、唇だけでキープしましょう。
ペットボトルの中には50~200ml程度の水を入れてください。まずは少し負荷を感じる量からはじめ、慣れてきたら徐々に水の量を増やしていくのがポイントです。

2.広頚筋トレーニング

広頚筋(こうけいきん)は、口元から首にかけて広がる筋肉です。あごなどの筋肉を上方に引き上げてくれる働きがあるため、広頚筋の衰えは顔のたるみにつながります

<トレーニング方法>
1.真上を見上げ、下あごと下唇を突き出します。
2.首の突っ張りを感じたまま、5秒キープしてください。
3.次に上唇を突き出し、5秒キープします。
4.ゆっくりと首を左右に傾け、5秒ずつキープしましょう。

2~4は真上を見上げたまま行ってください。
広頚筋のトレーニングは1日3セットを目安に行ってください。

口角下制筋トレーニング

口角下制筋(こうかくかせいきん)は、口をへの字にしたときに口角を下げる表情筋です。硬くなった口角下制筋をほぐせば、マリオネットラインもできにくくなるでしょう。

<トレーニング方法>
1.片手をチョキの形にして、人差し指と中指を左右の口角にあてます。
2. 口周りをほぐすように2本の指を左右に揺らしましょう。
3.そのまま指をあごまで下げてください。

口角下制筋のトレーニングも1日3セットが目安です。また、口角が下がったへの字口は、老け見えの原因にもなります。日頃から口角をキュッと上げることを意識しておきましょう。

この3つの顔の筋トレを毎日の習慣にして、顔のたるみ対策に役立ててください。

他にもある?マリオネットラインの原因

マリオネットラインの原因

最後に改めて、マリオネットラインができる原因をおさらいしておきましょう。

マリオネットラインができる原因は、口周りの表情筋や肌内部の衰えにあります。

口周りの表情筋のたるみ

1つめは口周りの表情筋のたるみや衰えです。先ほどご紹介した顔の筋トレで対策できますので、ぜひ試してみてください。

また、デスクワークや日常生活などで、姿勢が悪くなっていないか注意が必要です。例えば、猫背やあごを突き出す姿勢が広頚筋の衰え、口周りの表情筋のたるみにつながる可能性があります。これを機に姿勢も見直してみましょう。

肌内部の衰え

マリオネットラインができるもう1つの原因は、肌内部の衰えです。
年齢を重ねた肌は、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が減少するため、少しずつハリや弾力がなくなっていきます。放っておくとさらに肌の水分や油分が減り、肌が硬くなりシワができやすくなってしまうのです。

対策としては、エイジングケア化粧品でしっかりとスキンケアすることが大切。特に乾燥は肌にとって大敵なので、保湿を重視することを心がけてください。
また、外側からのケアだけでなく、身体の中からもケアしたいところです。食事でタンパク質やビタミンC、鉄分などの栄養素をバランスよく摂取することで、肌も身体も元気になります。ぜひ、毎日の食生活も一緒に見直してみてください。

まとめ

マリオネットラインは40代に入る頃から気になる方が増え、放っておくと一気に老け顔へと変化する恐れがあります。「マリオネットラインをできにくくするには、顔の表情筋をほぐし肌をしっかりと保湿することが欠かせません。今回ご紹介した口周りの筋トレは、どれも気軽に試せるものばかり。エイジングケア化粧品の保湿と一緒に毎日の習慣にして、たるみ対策を始めましょう。

↓マリオネットラインなどの口元のピンポイントケアに『メトラッセ エンリッチセラム』
メトラッセ エンリッチセラム

↓プロテオグリカンのチカラでうるおいキープ『メトラッセ エクストラオールインワン』
メトラッセ エンリッチセラム

ページ先頭へ