メトラッセコラム

2017.05.18

表情筋を鍛えて毛穴のたるみが改善する?毛穴がたるむ原因と対策について

毛穴のたるみが改善

毛穴は私たちの肌にとって重要な役割を果たしていますが、その毛穴のトラブルといえば、どのようなものを想像しますか?
代表的なものとしては「毛穴が目立つ」「毛穴が詰まる」などがあります。そしてもう一つ、たるみもまた毛穴トラブルとかかわっているのです。これを「たるみ毛穴」と呼び、老けて見られる原因の一つとなっています。今回は、そんな毛穴のたるみの原因と対策についてご紹介します。

毛穴がたるむ?その原因とは

毛穴がたるむ原因「たるみ毛穴」という言葉を初めて耳にしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
肌・皮膚のたるみについてはよく知られていますが、毛穴がたるむというのは耳慣れないかもしれません。
毛穴は本来小さな円形をしていますが、加齢に伴って徐々に広がり、大きくなります。たるみ毛穴は楕円(だえん)形やしずく形をしており、普通のまるい毛穴に比べて目立ちやすいという特徴があるのです。

たるみ毛穴ができる原因の一つに、表情筋の衰えが挙げられます。表情筋というのは顔にある筋肉で、皮膚を支えたり表情を作ったり、さまざまな役割を担っています。
顔には約30種類もの表情筋が存在しますが、私たちは普段その半分も使っていません。日中人と話す機会が少なく、パソコンに向かってばかりいると、その分さらに表情筋を使う機会は少なくなるので、自然と顔の筋肉が衰えて無表情になりがちです。
日常的に筋トレを行っている体と、常に運動不足の体を想像してみてください。
前者は全体的に引き締まった体つきをしていて、たるみとは無縁ですよね。しかし後者の場合は筋肉が少ないため、メリハリのないたるんだ体になってしまうでしょう。
顔の筋肉もこれと同じです。
表情筋によるたるみは、トレーニングを行うことによってすっきりとしたフェイスラインを作り出し、ハリのある肌とイキイキとした表情を取り戻すことができます。

表情筋トレーニングでハリのある肌、イキイキとした表情へ

表情筋トレーニング久しぶりの写真撮影で、バッチリ笑顔を作ったつもりがものすごく硬い表情に写っていた……いう経験をしたことのある方はいませんか?普段から意識して顔の筋肉を動かすようにしていないと、いざ笑顔を作ろうとしても難しいものです。
表情筋を鍛えることによってたるんだ毛穴をきゅっと引き締めることができるうえに、魅力的な表情にもつながります。表情筋は自宅で簡単にトレーニングができるので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

口角を上げ、頰まわりの筋肉を鍛えるトレーニング

口角がきゅっと上がっている人は表情がやわらかく、とてもすてきな印象を受けます。口や頰まわりの筋肉が衰えるとほうれい線ができやすくなるデメリットもあるため、ぜひ意識してトレーニングしたい部位です。

1.口角をグーッと上げ、とびきりの笑顔を作ります。筋肉を目いっぱい動かして、顔全体をストレッチしているようなイメージです。
2.そのままの状態で5~10秒ほどキープします。
3.力を抜いて、楽な状態に戻します。
4.これを3セット繰り返します。

シワの目立たない目元をめざすトレーニング

目尻のシワや目元のたるみは年齢を感じさせるので、必ず対処したいもの。普段、目のまわりを意識して動かすことはほとんどないかと思いますので、特にトレーニングが重要になってきます。

1.両目を大きく見開きます。
2.そのまま眼球を上下や左右に動かします。
3.ギュッと目を閉じたり、大きく開いたりといった動きを繰り返します。

まとめ

今回ご紹介した表情筋のトレーニングは、テレビを見ながら、家事をしながら簡単にすることができます。体の筋トレと同じように1日で見違えるような効果があらわれるわけではありませんが、毎日少しずつ継続してトレーニングすることで、徐々に効果を実感できるようになりますよ。
ぜひ表情筋トレーニングを取り入れながら、ニッコリと笑って過ごすようにしてみてください。それだけでたるみ毛穴の対策になりますし、毎日が楽しく過ごせるはずですよ。

 

↓表情筋トレーニング前のスキンケアに『メトラッセ エクストラオールインワン』
表情筋トレーニング前のスキンケアに『メトラッセ エクストラオールインワン』

ページ先頭へ