メトラッセコラム

2018.12.21

まぶたの色素沈着・くすみは老け見えの原因に…スキンケア&メイク法を再確認!

まぶたの色素沈着・くすみ
ふと鏡を見て「まぶたが前より茶色い」「黒ずんでいる」こう思った経験はありませんか?まぶたはとても薄くデリケートなため、少しの刺激で色素沈着・くすみを起こす恐れがあるのです。
今回は、老け見えの原因になりかねない「まぶたの色素沈着・くすみ対策」として、メイクやスキンケアについてご紹介します。

まぶたの色素沈着・くすみの原因

「メイクを落とすと目の周りの肌が暗く、急に年をとったみたい」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのお悩みは、まぶたの色素沈着・くすみが原因です。
まぶたの色素沈着やくすみの原因は日常のいたるところにありますが、特に私たちが気をつけたいポイントに絞り原因と仕組みを見ていきましょう。

摩擦やアイメイクの刺激に注意!

まぶたに加わる刺激の中でよくあるものが摩擦。洗顔やクレンジングの際、また眠いときや目が疲れたとき、ついまぶたをゴシゴシこすっていませんか?実は、まぶたにとってはそのようなちょっとした刺激が大きな負担になっているのです。

目元を彩るアイメイクも、まぶたにダメージを与える原因になります。ビューラーやつけまつげの接着剤による刺激もまぶたの大敵です。

まぶたの色素沈着・くすみのしくみ

まぶたの色素沈着・くすみは、皮膚が様々な刺激によってダメージを受け、そのダメージから守ろうと肌がメラニンを生成することで起こります。特に目の周りの皮膚は、他の部分に比べてとても薄くてデリケートなため、ダメージを受けやすい部分なのです。

また、まぶたは大変働きもので、まばたきや表情の変化に合わせて忙しく動いています。また、目元の皮膚は頬の約半分程度と薄いため、水分が蒸散してうるおいが不足しやすいという特徴もあります。
まばたきやしっかりアイメイク、肌のうるおい不足など、まぶたには毎日大きな負荷がかかっています。こういった外的刺激により肌でメラニンが生成されるため、まぶたの色素沈着・くすみが起きてしまうのです。

まぶたのメイクは「肌に優しく」がポイント

まぶたのメイクは「肌に優しく」

メイク自体が肌にとっては刺激になりますが、かといってノーメイクで毎日を過ごすのも、あまり現実的ではないですよね。
メイクをするときはできるだけ刺激を抑えて肌に優しくすることを意識しましょう。

アイメイクは「とにかく優しく」

アイメイクは、メイクの中でも特に顔の印象を大きく変えるため、つい力が入ってしまいがち。でも、きれいになるためのメイクがくすみの原因になってしまっては、本末転倒です。
硬いチップやブラシはまぶたへの刺激が強いので、アイシャドウは「指」を使ってまぶたにのせることをオススメします。指のお腹の部分で優しく色をのせれば、まぶたへの負担を大きく減らすことができますよ。

メイク道具は清潔に

また、肌に直接触れるメイク道具は常に清潔にしておきましょう。化粧品や皮脂がついたままのパフやチップ、ブラシは、雑菌が繁殖しやすい環境です。そのまま使い続けると、肌トラブルを起こしたり、目には見えない小さな傷をたくさんつけたりする可能性も。
肌にできた傷は小さなものでも色素沈着の原因になります。古くなったメイク道具は買い換えて、常に清潔なものを使いましょう。

まぶたのケアは「しっかりオフ&たっぷり保湿」を

まぶたのケアは「しっかりオフ&たっぷり保湿」

まぶたのケアで大切なポイントは、2つ。「メイクをしっかりオフすること」と「たっぷり保湿」です。

メイクは「しっかり落とす」

ウォータープルーフタイプのマスカラなど、アイメイクには落ちにくいものが多くあります。メイクが肌に残ってしまうとトラブルのもとになるため、しっかりオフすることが大切です。ファンデーションと一緒にゴシゴシこすると肌に負担になってしまうため、アイメイク専用のリムーバーを使い、力を入れずに落とすようにしましょう。

マスカラなら、リムーバーをたっぷりしみこませたコットンをまつげに当てて、するんと軽く拭き取ってください。これならまぶたに余計な負担をかけず、しっかりとメイクを落とすことができますよ。

まぶたに「たっぷり保湿ケア」を

メイクを落とした後は、しっかり保湿するのを忘れずに。肌にとって乾燥は大敵ですが、薄くて水分が蒸散しやすいまぶたにとって、保湿ケアはとても大切です。
保湿の基本は「水分補給→油分でフタをする」という流れ。化粧水から始まり、美容液、乳液、クリームがスタンダードな方法です。まぶたの色素沈着・くすみには、アイクリームをプラスした特別ケアもオススメですよ。
ご自身に合った方法でまぶたを優しくケアしてあげましょう。

まとめ

ある日ふと「私の目周りって、こんなに暗かったっけ?」と気になるまぶた。実はまぶたは皮膚がとても薄く、毎日のアイメイクや肌の保湿不足により、色素沈着が進んでくすんだ印象になりやすい部位です。いつまでも老け見えしない、魅力的な目元でいるために今日から「しっかりメイクオフ&たっぷり保湿」を実践しましょう。

まぶたのたるみを解消して目力アップ!目を大きくするまぶたの筋トレ(メトラッセコラム)

↓『メトラッセ エンリッチセラム』のとろ~りやさしい使用感でまぶたケア!

ページ先頭へ