メトラッセコラム

2016.02.11

肌のうるおいとハリに効果的?夢の美肌成分と言われるプロテオグリカンとは

夢の美肌成分と言われるプロテオグリカン
美容成分「プロテオグリカン」をご存じですか?
最近ジワジワと注目を集めていますが、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などと比べるとまだあまり知られていないので「聞いたことはあるけど、どんな成分なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、保湿やハリなどのエイジングケアにすごい効果を発揮する「夢の美容成分」とも言われるプロテオグリカンとはどんな成分なのか、肌に与える影響はどんなものなのかなどについてご紹介します。

プロテオグリカンとはどんな成分?

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンの「プロテオ」はたんぱく質、「グリカン」は多糖類を意味しています。
この名前の示す通り、プロテオグリカンは糖とたんぱく質が結びついたもの。
コラーゲンやヒアルロン酸と同様に、プロテオグリカンとは私たちの皮膚や軟骨、血管などにもともと存在する物質です。
皮膚では真皮のコラーゲン繊維のすきまにあり、肌のうるおいやハリを保つ重要な役割を担っています。

希少な成分であるプロテオグリカン

希少な成分であるプロテオグリカン

プロテオグリカンは水分を蓄える性質が強く、その保水力は保湿成分としておなじみのヒアルロン酸を上回ります。
それなのに、ヒアルロン酸などと比べてあまり化粧品の成分として用いられてこなかったのには理由があります。
プロテオグリカンの存在が発見されたのは、今から40年ほど前。
その機能については徐々に研究され明らかになっていきましたが、抽出方法が難しく、ごく微量を抽出するにも多額のコストがかかりました。
当時のプロテオグリカンの価格は、1グラム3,000万円以上。
とても化粧品や食品に使用できるものではありませんでした。
この状況が変化したのは、今から10年ほど前のこと。
サケの鼻軟骨から、比較的安価かつ安全にプロテオグリカンを抽出する技術が生み出され、化粧品などにも使用されるようになっていったのです。

うるおいを与え美肌へ導くプロテオグリカン

長年の研究の末、化粧品に配合できるようになったプロテオグリカン。
肌に使った場合、以下のような美肌へのアプローチが可能です。

肌のうるおいとハリを保つ

先にもお伝えした通り、プロテオグリカンの特徴はヒアルロン酸をしのぐ保水力の高さ。
ヒアルロン酸に比べ1.3倍もの保水力があります。
コラーゲン繊維の間にあって、しっかりと水分を蓄える働きがあるため、肌のハリやうるおいを保つことに役立ちます。

肌のターンオーバーをサポート

EGF(上皮細胞増殖因子)には細胞の新陳代謝を促す作用があります。
実はプロテオグリカンにはEGFと似た働きを持っていることが確認されています。
肌にプロテオグリカンを届けると、細胞はEGFと思い込み肌が活性化します。
肌本来の規則正しいターンオーバーを繰り返すことで、シミやシワが減り、若々しくうるおいに満ちた肌になることが期待できます。
さまざまな美肌へのアプローチが期待できる上、もともと私たちの体内にある物質なので、アレルギーや副作用の心配が少ないのもうれしいですね。

メトラッセ化粧品は、プロテオグリカンを配合しております!気になる方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

↓その他のプロテオグリカン記事はコチラからチェック!メトラッセブランドサイトのプロテオグリカン特集ページ用バナー
ページ先頭へ