メトラッセコラム

2017.12.01

プロテオグリカンとはどんな成分?健康や美容に期待される効果や取り入れ方

プロテオグリカンと健康や美容

サプリメントや化粧品に配合される健康・美容成分として、近年「プロテオグリカン」が注目されています。「名前を聞いたことがある」「身体に良いということは知っている」という方も、きっと多いはず。

今回は、健康・美容成分として話題の「プロテオグリカン」について詳しくご紹介します。プロテオグリカンがもたらす身体への効果や、日常生活の中で効率よくプロテオグリカンを取り入れる方法・注意点などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンとはプロテオグリカンとは、糖鎖(グルコースなど、いくつかの糖が複雑に連なって形成された化合物)がコアタンパク質(中心となるタンパク質)に結合したものです。
広い意味では糖タンパク質の一種ですが、ほかの糖タンパク質とは異なる性質があるため、「プロテオグリカン」という名前で呼ばれています。

あまり聞き慣れないプロテオグリカンですが、実は人間の体内にも存在している成分です。主に皮膚や軟骨に含まれており、保水性や弾性に優れていることから、肌のハリやうるおいを保ち、関節の動きを助ける役割を果たしています。

そのため、肌のハリ感アップや、加齢によって起こりやすい変形性関節症へのアプローチが期待されているのです。

糖鎖が結合するタンパク質の種類によって、プロテオグリカンもいくつかの種類に分けられ、現在では約20種類以上のプロテオグリカンの存在が確認されています。
プロテオグリカンはさまざまな動物の軟骨成分などにも含まれており、以前は牛の軟骨から抽出する方法が知られていました。
しかし、牛の軟骨から抽出できるプロテオグリカンは微量であり、当時は1グラムで約3,000万円の価値がつくほど貴重で高価な成分だったのです。

プロテオグリカンが一般的に広く用いられるようになったのは、弘前大学の研究でサケの鼻の軟骨から抽出が可能になってからのことです。
低コストで良質なプロテオグリカンが供給できるようになったことで、成分に関する研究も進み、現在ではさまざまな人体への効果が認められるようになりました。

現在では、サプリメント(健康食品)や化粧品などの原材料として広く使われるようになってきました。

プロテオグリカンの種類

前述のとおり、約20種類以上のプロテオグリカンが発見されていますが、ここでは、プロテオグリカンの中でも健康・美容に関する製品に用いられることが多い代表的な3つご紹介します。

1.アグリカン

アグリカン最初に発見されたプロテオグリカンがアグリカンです。

プロテオグリカンは結合する糖鎖の種類によってグループ分けされており、アグリカンはコンドロイチン硫酸プロテオグリカンに分類されます。

動物の体内に最も多く存在するプロテオグリカンがアグリカンで、主に関節の軟骨成分に含まれています。

軟骨の柔軟性や弾力を保ち、歩行や曲げ伸ばしで加わる関節への衝撃を和らげる役割を持っています。

2.パールカン

パールカンは、ヘパラン硫酸プロテオグリカンの1つ。表皮と真皮の境目にある「基底膜」に存在するプロテオグリカンです。
ヘパラン硫酸糖鎖は「ヘパリン様活性」という血液が固まりにくくするはたらきを持っていますが、パールカンはさらに血管内皮の修復にも関係しているとされています。そのため、動脈硬化の研究でパールカンのはたらきが注目されています。

3.バーシカン

バーシカンはアグリカンと同様、コンドロイチン硫酸プロテオグリカンの1つです。主に皮膚の真皮細胞に存在するプロテオグリカンで、肌の保湿や弾力維持に深く関わっています。

バーシカンに関する研究では、傷が治癒する過程でバーシカンが急激に増えた後に減少することが分かっていますが、傷の治癒過程は複雑であることから、今後さらなる研究が検討されているようです。

プロテオグリカンが持つ健康・美容効果

プロテオグリカンは人の体内に存在するため、比較的安全性が高い成分です。そのため、多くのサプリメントや化粧品で有用成分として配合されています。
ここでは、プロテオグリカンに期待される、健康や美容に役立つ作用についてご紹介します。

1.肌の保湿、ハリ感を保つ作用

肌を保湿しハリや弾力にアプローチプロテオグリカンは保水力(水分を抱え込む力)が高く、人の皮膚においてうるおいや弾力を保つ役割を持っています。

また、プロテオグリカンは細胞の再生・成長に関与するEGF(上皮細胞増殖成長因子)に近いはたらきを持つことが分かっており、皮膚細胞の再生(ターンオーバー)やコラーゲン、ヒアルロン酸の産生促進につながっています。

EGFやコラーゲン、そしてヒアルロン酸は加齢とともに減少してしまうため、プロテオグリカンを活用したエイジングケアに注目が集まっているのです。

また、プロテオグリカンはヒアルロン酸に匹敵する高い保水力を持つことが科学的に立証されていますが、ヒアルロン酸より粘度が低く、さらりとした感触です。ヒアルロン酸特有のとろみや被膜感が少ないプロテオグリカンは、肌なじみや使い心地が良いため、近年注目が高まり化粧品に配合されていることもあります。

2.炎症を鎮める作用

プロテオグリカンは、腸管に存在する免疫細胞のはたらきを整えることで、体内で起きる炎症を鎮める作用があるとされています。
タバコやストレスなどの刺激によって体内で炎症物質が増えると、活性酸素が発生してさまざまな疾患を引き起こしてしまいます。プロテオグリカンはこの炎症物質の産生を抑制することから、大腸炎など炎症性疾患への効果が期待されているのです。

3.変形性関節症の緩和作用

動物の軟骨に含まれるプロテオグリカンは、保水効果が高いことから弾力性を持っている点も特長の1つです。
人の関節部分の軟骨には、関節にかかる負担を低減する役割があります。しかし、加齢などの理由で軟骨成分が減少すると、関節に負担がかかりやすくなって痛みや機能低下を起こしやすくなります。この症状が、いわゆる「変形性関節症」です。

プロテオグリカンには細胞再生を促す作用があるため、軟骨成分を形成する細胞を増やしたり、増殖した細胞を軟骨成分として早く成長・形成させたりする効果が期待されています。また、軟骨成分内にプロテオグリカンが多く含まれていれば、その弾力性によってクッションのような役割を果たし、関節の負担を和らげる効果も高くなるといわれています。

これらの作用から、プロテオグリカンは変形性関節症の緩和にも効果が期待できるといわれているのです。

4.肥満・糖尿病を予防する作用

プロテオグリカンは、生活習慣病としての糖尿病や肥満を予防するはたらきも持つとされています。
血糖値が高くなることを抑え、血液検査で糖尿病の目安とされるHbA1cの数値を高めないよう抑制するはたらきがあることも、研究報告により確認されています。

プロテオグリカンの取り入れ方

日常生活の中でプロテオグリカンを効果的に取り入れるには、どのような方法が適しているのでしょうか?
ここでは、健康・美容のためにプロテオグリカンをどう取り入れ、どう利用すると良いのかについてご紹介します。

1.食事でプロテオグリカンを摂取する

普段食べている食事の中にも、プロテオグリカンを含む食材はたくさんあります。
プロテオグリカンは、特に鶏や牛、魚の軟骨に多く含まれているため、食事で軟骨を食べる機会を増やすと良いでしょう。

しかし、食物中に含まれるプロテオグリカンは加熱すると成分が変質してしまいます。軟骨の多くは加熱調理する必要があるため、食生活の改善だけでプロテオグリカンを効率よく摂取することは難しいでしょう。

ちなみに、青森などには、サケの鼻軟骨を薄切りにし、酢としょうゆなどの調味料と一緒に漬けこんだ「氷頭(ひず)なます」 という料理があります。こりこりとした独特の食感が楽しめる氷頭なますは、加熱せずに軟骨を食べられる珍しい調理法で作られており、プロテオグリカンを直接摂取できる数少ない料理です。

2.サプリメント(健康食品)でプロテオグリカンを摂取する

食事でプロテオグリカンの摂取を増やせるといっても、軟骨を食べる機会はそうそう日常的に多いわけではありませんし、加熱調理によって十分な効果が望めなくなってしまう可能性もあります。そこで、サプリメントを活用して効率的にプロテオグリカンを摂ることを考えてみても良いかもしれません。

かつては、プロテオグリカンを含有するサプリメントは大変高価なものでした。しかし現在では低コストで安全な抽出が可能となり、プロテオグリカンを含むサプリメントは以前に比べると比較的入手しやすい価格で出回っています。
ただし、先にも述べましたがプロテオグリカンは加熱すると変質してしまうため、なるべく低温で処理されたサプリメントを選ぶようにしましょう。

3.スキンケア化粧品でプロテオグリカンを皮膚に直接つける

プロテオグリカンを皮膚に直接つける方法プロテオグリカンの抽出法が確立されてからは、プロテオグリカンはさまざまなスキンケア製品にも配合されるようになりました。
他の保湿成分と比較した場合、べたつきの少ない使用感が特長で、高い浸透力とさらっとした使い心地をお好みの方から高い評価を得ています。

主に化粧水や美容液の保湿成分として配合されますが、最近ではさらに肌(※)への保湿力を高めるため、シート状のパックやオールインワン化粧品などにも活用されるようになりました。

また、人体への安全性が高いことが確認されている成分のため、配合濃度を高めた「原液」と呼ばれる美容液も多く出回っています。
※肌=角質層を指す。

プロテオグリカンの適正な摂取量は?

年代別の適正な摂取量まずは、プロテオグリカンの必要量から考えてみましょう。

プロテオグリカンの1日の必要量は、年齢が上がるにつれて多くなります。
もし1日あたりに必要なプロテオグリカンの摂取量を規定するとすれば、40代女性なら体重1kgにつき3mg(50kgなら150mg)、男性で1kgにつき2mg(60kgなら120mg)程度。50代女性なら、1kgあたり4mg、60代女性であれば4.5mgが目安とされています。

女性の場合、更年期以降に体内のプロテオグリカンが大きく減少するため、男性よりも女性の方がより多くの量を必要とすると考えられているのです。

サプリメントや健康食品などから健康・美容に効果的な成分を摂る場合、摂取量の目安を守る必要があります。ところが、プロテオグリカンは比較的安全な成分であるためか、適正な摂取量については諸説あり、摂取量の上限は今のところ設けられていないのが現状です。

ただし、市販のサプリメントに含まれるプロテオグリカンの含有量は1日の必要量より低いものがほとんど。説明書に書かれた摂取量の範囲内なら、うっかり過剰摂取してしまう可能性は極めて低いといえます。

プロテオグリカンに副作用やアレルギーはある?

プロテオグリカンの副作用やアレルギー健康や美容に役立つ成分をサプリメントなどで摂取する場合、副作用の有無が気になる方もいらっしゃるでしょう。ここでは、プロテオグリカンに副作用やアレルギーがあるのかどうかについてご紹介します。

プロテオグリカンはタンパク質と糖が結合した物質であり、薬剤とは異なります。そのため、基本的には体内で異物とみなされることはありません。
プロテオグリカンという物質そのものによって、人体に良くない副作用がもたらされる可能性は極めて低いと考えて良いでしょう。

また、プロテオグリカンはその性質上、過剰摂取によって健康に支障をきたす可能性はほとんどないといわれています。もし過剰摂取で身体に影響があるとすれば、エネルギーの摂取量が多くなり脂肪となって体内にため込まれることぐらいです。しかし、そこまで多くのプロテオグリカンを摂取することは、物理的にはほぼ不可能に等しいのです。

ただし、摂取する際に気をつけたいことが1つだけあります。
サプリメントなどに含まれるプロテオグリカンは、サケの鼻軟骨から抽出されているという点です。サーモンアレルギーを持っている場合、サケの鼻軟骨から抽出された物質にアレルギー反応を起こしてしまうかもしれません。
サーモンアレルギーを持っている方は、プロテオグリカンのサプリメントを摂取する際、十分に気をつける必要があります。プロテオグリカンの抽出元である生物や食品に対してアレルギーをお持ちの方は、サプリメントを摂取する前に必ず医師に相談してください。

いずれにしても、サプリメントは「薬ではないけれど、有効な成分が凝縮されている栄養補助食品」と考える必要があります。アレルギーだけでなく、何らかの既往症をお持ちの方や特定の薬を継続的に服用している方も、医師に相談のうえ摂取を検討することが望ましいでしょう。

プロテオグリカンを取り入れる際の注意点

ここでは、プロテオグリカンをサプリメントやスキンケア製品で取り入れる場合、注意したいポイントをご紹介します。

1.他の成分との相乗効果を考えて取り入れる

プロテオグリカンは、他の成分の作用を助けるはたらきを持っています。例えば、プロテオグリカンには細胞内でヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促すはたらきがあるため、ヒアルロン酸やコラーゲン産生を促すサプリメントと一緒に摂ることで、相乗効果が期待できます。

また、スキンケア製品でプロテオグリカンを取り入れるときも、同様に高い保水力を持つヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている製品を選ぶことで、肌のうるおいをより実感できることでしょう。

2.サプリメントでプロテオグリカンを摂る場合は添加物に注意

サプリメントは添加物に注意サプリメントは有効な成分だけが含まれているわけではありません。

錠剤、顆粒(かりゅう)剤、粉剤などに成型するための賦形剤(ふけいざい)が含まれますし、有効な成分が微量の場合、増量目的で効果に直接関係のない物質が多く添加されていることも考えられるのです。
また、合成甘味料や糖類、着色料、保存料が添加されていることもあります。

サプリメントに含まれる添加物がアレルギーなどを引き起こす可能性はゼロではないため、添加物にも気を配ってサプリメントを選ぶようにしましょう。

また、天然成分を主原料としたサプリメントはどうしても高価になる傾向があります。しかし、可能な限り天然成分を使用したものを選択した方が、安心して摂取できる場合もあります。
サプリメントを選ぶ際は、プロテオグリカンの含有量とともに他の添加物などの成分表示もよく見て、安全かどうかを確認しましょう。特に特定の成分に対してアレルギーをお持ちの方は、アレルゲンとなり得る物質が含まれていないかどうか、必ずチェックしてくださいね。

3.他のサプリメントとの組み合わせに注意

プロテオグリカンのほかにも別の成分のサプリメントを摂っている場合は、含有成分の兼ね合いを考慮して摂取を検討しましょう。

例えば、美容を目的としたプロテオグリカンのサプリメントにビタミンCが含まれているなら、ほかに摂っているサプリメントにビタミンCが含まれていないか確かめておきましょう。ほとんどの場合、適量を守って摂取していればビタミンCの過剰摂取になることはありませんが、場合によってはおなかを下しやすくなったり、胃への負担につながったりする可能性があります。

サプリメントに含まれる成分によっては、薬のように「飲み合わせ」があると考えた方が良いかもしれません。成分表示や説明書をきちんと読んで正しく摂取しましょう。

まとめ

今回は、化粧品やサプリメントで人気の健康・美容成分「プロテオグリカン」について詳しくご紹介しました。プロテオグリカンは、肌にハリやツヤが感じられなくなったとお悩みの方や、加齢とともに膝など関節の調子があまり良くないと感じる方にとって役立つ成分といえます。
ご紹介した摂取方法や注意点を参考にして、若々しさを感じる肌や活発に動ける身体づくりのために、ぜひプロテオグリカンを役立ててみてはいかがでしょうか。

↓その他のプロテオグリカン記事はコチラからチェック!メトラッセブランドサイトのプロテオグリカン特集ページ用バナー

 

ページ先頭へ