メトラッセコラム

2018.05.18

時間をかけずに自分の魅力を引き出す! 最小限コスメで仕上げる「ミニマムメイク」

ミニマムメイク

一般的に女性がメイクをするとき、まず下地をつけて、ファンデーションを塗ってベースを作り、アイメイクやリップメイク…など、多くのコスメを使います。
しかし、忙しい朝にこれらの工程を行うのはとても面倒ですよね。メイクの濃さによっては「やりすぎ感」が出てしまうことも。そんなとき、時短かつ最小限のメイク道具でメイクができたらうれしいですよね。

今回は、最近注目を集めている「ミニマムメイク」についてご紹介します。ミニマムメイクを活用して、朝の貴重な時間を有効に使いましょう。

「ミニマムメイク」とは

「ミニマムメイク」は、最小限のメイク道具で時間をかけずに、効率よく自身の魅力を引き出すメイク方法のことをいいます。

通常のメイクで使用する、コンシーラーやハイライト・下地といったプラスアイテムをなくし、ポイントを押さえたメイクをすることで、自然とメリハリのある顔に仕上げることができるのです。

ミニマムメイクで仕上げる「ベース編」

ミニマムメイクのベースメイクは、素肌っぽさを感じさせる透明感のある肌を作るのがポイント。そのため、使用するのは薄付きで自然な仕上がりになるタイプのファンデーションがオススメです。
しっかりカバーできるタイプのファンデーションは、きちんとした印象を与えることができます。その反面、ミニマムメイクの特徴でもある「抜け感」を演出するのが難しく、ミニマムメイクには不向きでしょう。

ミニマムメイクは、必要最小限のメイク道具で仕上げる必要があるため、日焼け止めや化粧下地などいくつもの役割を兼ね備えたファンデーションが最適です。最近では、下地を使用しないタイプのコスメとして、ミネラルファンデーション、BBクリーム、CCクリームなどが市販されています。多機能コスメアイテムは、持ち歩きしてもかさばらないため、化粧直しや旅行時にも便利です。

ミニマムメイクで仕上げる「パーツ編」

印象を左右する「アイブロウメイク」アイブロウメイク
顔の印象の8割は眉で決まる、といわれるほど大切なパーツ。
以前は「平行眉」とよばれる直線の眉が人気でしたが、最近は自然な弧を描く「アーチ眉」が注目されています。

アーチ眉の特徴

アーチ眉は、ふんわりとした自然な仕上がりが特徴で、ほどよい「抜け感」を演出できます。
また、アーチの太さや角度を変えるだけで、顔の印象もガラリと変化。太めのアーチ眉は落ち着いた印象、シャープで細めのアーチ眉はクールな印象を与えます。ちなみに眉を描くときは、アイブロウではなくアイシャドウでも代用可能です。

アーチ眉の描き方

【1】 パウダーで眉全体をふんわりと描きます。

【2】パウダーだけでは描ききれない「まだらな部分」は、ペンシルタイプのアイブロウもしくはアイブロウチップの細いほうを使用し、足りない部分を書き足しましょう。

【3】1と2の工程だけでも自然な眉に仕上がりますが、最後に眉マスカラをプラスするだけで、落ちにくい眉メイクに仕上げることができます。
「アイメイク」はナチュラルを意識
アイメイクはナチュラルな印象の目元に仕上げることが、ミニマムメイクのポイントです。
アイラインは一直線に引くのではなく、まつ毛の隙間を埋めるように細く引きましょう。
また、アイラインをアイシャドウで代用するのもオススメ。しっかりと目のフレームは強調しつつ、主張しすぎない自然な目元に仕上がりますよ。

自然な血色感を演出「リップ&チーク」

チーク

チークチークを入れるポイントは、演出したい印象によって変わります。
かわいい印象であれば頬の中心に丸く、シャープな印象に見せたければこめかみに向かって楕円に入れましょう。
またチークを濃くしすぎてしまうと悪目立ちしてしまうため、ぼかしながら自然な血色感に仕上げていきます。

リップ

最近では、リップとチークの機能を兼ね備えた化粧品も多く発売されています。
多機能コスメはかさばらず、メイクに統一感も出るためオススメです。
上唇に軽く色を乗せ、下唇中央に指でポンポンと重ねづけすることで立体感が生まれ、ふっくらとした唇を演出します。

ミニマムメイクのポイント

全体的にナチュラルなミニマムメイクは、顔のパーツのどこか1点をポイントに置きメイクするとメリハリがつきます。

アイメイクにポイントを置くなら、アイカラーをグラデーションにしたり、マスカラを使用したりして、ぱっちりアイを強調しましょう。反対に目元を控えめにして、赤リップなどはっきりしたカラーの口元にすると、顔に華やかさが演出できます。

まとめ

今回は、最近注目の「ミニマムメイク」についてご紹介しました。
最小限のアイテムで作るミニマムメイクは、忙しい朝や旅行時など時間がないときに最適です。メイク道具も少ないため、荷物がかさばることもありません。ポイントを強調し、顔にメリハリをつけるミニマムメイクは、イマドキで魅力的な雰囲気を演出してくれます。ぜひチャレンジしてくださいね。

ページ先頭へ