メトラッセコラム

2018.02.16

肌のくすみを改善!コントロールカラーで明るい肌を手に入れよう

肌のくすみを改善

メイクをするうえで、ベースメイクはとても重要です。日焼け止めやファンデーションは使っていても、コントロールカラーを使って肌の色ムラなどを補正しているという方は意外と少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、コントロールカラーの役割や、塗り方・選び方ついてご紹介します。

コントロールカラーの役割とは?

コントロールカラーの役割とは?毎日の食生活や睡眠不足などによって肌の調子は変化しやすく、バランスが崩れることでニキビやシミ、クマ、顔の血色不良などを引き起こしてしまいます。
それらをカバーするために、コンシーラーを使用している方もいらっしゃるかもしれませんが、クマやシミ、そばかすなどにはコンシーラーよりも色調整に特化したコントロールカラーがオススメです。

コントロールカラーは、クマなどを目立たなくするだけでなく、顔に立体感を出したり、ファンデーションの発色を良くしたりする効果も期待できます。
また、コントロールカラーはコンシーラーと比べるとナチュラルにカバーしやすいため、厚塗り感を防ぐこともできるでしょう。

コントロールカラーを塗る順番は?

コントロールカラーをつけるタイミングとしては、一般的にはスキンケアを行ったあとに塗るのが適しています。よりしっかりと肌をカバーしたい場合は、コントロールカラーの前に化粧下地を塗ると良いでしょう。

コントロールカラーによってはUVカット効果が入っているものと無いものがあるため、もしUVカット効果が無いものの場合は、スキンケア後にUVケアをし、その上からコントロールカラーを塗るようにしましょう。

コントロールカラーの塗り方

クマやシミ、そばかす、小鼻のわき部分などの気になる部分や、顔の色を補正したい部分に、コントロールカラーを少量ずつポンポンと置いて、指先でムラ無く伸ばしていきましょう。

コントロールカラーは時間がたつと均等に伸ばしにくくなるため、放置せずにすぐになじませるのがポイントです。

また、コントロールカラーを広範囲に伸ばしたり、全体的に使用してしまったりすると立体感の無いのっぺりとした印象になりがちなので、塗り過ぎには注意しましょう。

コントロールカラーの色の選び方

コントロールカラーの色の選び方コントロールカラーは色によって期待できる効果や役割が異なります。
そのため、自分の肌悩みに合っていない色を使用してしまうと、その効果が出にくくなってしまうため、できるだけ肌悩みにマッチする色を選ぶようにしましょう。

ここでは、コントロールカラーの代表的な色と、それにマッチする肌悩みについてご紹介します。

イエロー

肌のくすみや乾燥・色ムラなどのカバーのほか、部分的に肌に赤みがある方や、シミやそばかすが気になる方に適しています。
また、日本人の肌の色に合いやすいため、特に悩みが無い場合でも、ファンデーションのノリや肌のトーンアップ・発色を良くしたいときにもオススメです。

グリーン

顔の赤みを抑えてくれるため、赤ら顔の方にオススメです。
毛穴や赤みを帯びたニキビ跡もきれいにカバーしてくれ、顔色を均一にしてくれます。
しかし、塗りすぎは禁物。顔全体に血色がなくなり、逆にくすんで見えてしまうことも。

ピンク

色白の方や、血色が薄い肌に向いています。
肌の色をトーンアップさせ、血色のある健康的な肌に仕上げたいときや、女性らしい柔らかい肌色にしたいときにオススメです。

ブルー

黄色いくすみを目立ちにくくしたいときや、肌の透明感をアップさせたいときにオススメです。
ただし、色白の方が使用すると逆に血色が悪く見えてしまう可能性があるので注意しましょう。

オレンジ

茶色いくすみや、クマ、たるみの影などをカバーしやすい色です。
肌が疲れているときや、寝不足気味で血色不良のときなどに使用すると、肌が若々しい印象になります。

まとめ

今回は、コントロールカラーの役割や、塗り方・選び方ついてご紹介しました。
コントロールカラーは、種類やカラーが豊富で、それぞれの効果や役割が異なります。
効果をしっかりと出すためにも、ご自身の肌質や肌悩みに合ったものを選ぶようにしましょう。

肌の色ムラが気になるときや血色不良のときなどには、コントロールカラーを使うと顔色が明るくなり、メイクも映えるのでオススメですよ!

 

↓メイク前に『メトラッセ エクストラオールインワン』でスキンケア

メイク前に『メトラッセ エクストラオールインワン』でスキンケア

ページ先頭へ