メトラッセコラム

2017.12.26

食生活を改善して美肌を目指そう!肌の調子をキープする食事の習慣とは

最近、肌の調子が悪い……とお悩みではありませんか?そんな時は、食生活を見直してみることが美肌につながるかもしれません。
そこで今回は、美肌を目指すための食生活の改善ポイントや、肌の調子を保つために食事から摂りたい栄養素などについてご紹介します。

肌の調子を整えるために気をつけたい食事の習慣

健康的な肌をキープするためには、1日3食、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。
栄養の偏った食事は、ホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性があります。ホルモンのバランスが崩れてしまうと、同時に皮脂分泌量のバランスも崩れがちになります。
また、過剰な皮脂分泌は大人ニキビを発生させる可能性があり、逆に皮脂分泌量が低下する場合は、乾燥やしわなどを引き起こしかねません。
わかっているけれどなかなか改善は難しい……という方は、まずは以下の点を少しずつ意識してみましょう。

朝食をとる

朝食をとる朝は忙しくて時間がなく、食事をとらないことが習慣化している方も多いかもしれません。しかし、朝食を抜くことは健康面だけでなく、肌の調子にも大きく関わってきます。
朝食をとるメリットは、内臓の働きを活発にしてくれることと、体内温度の上昇が期待できること。体温が上がると血行が良くなり、代謝がアップして肌にも栄養が届きやすくなるのです。
朝からしっかりとした食事は少し苦手という方は、ヨーグルトやフルーツ、シリアルなどの軽めのものでも十分です。美肌のため、健康のため、なるべく朝食をとる習慣を心がけてみてはいかがでしょうか?

夕食の時間に気をつける

美肌を保つには、良質な睡眠をとることがとても大切です。なぜなら、肌細胞の再生に不可欠な成長ホルモンは、深い眠りについている間に最も分泌されるためです。
食事をとってからすぐに寝てしまうと、胃に負担がかかり、睡眠の質が下がってしまうほか、体重増加にもつながってしまう恐れも。
そのため、夕食はなるべく、就寝する3時間前までに済ませるようにしましょう。

食事に1品足してみる

忙しくて自分の時間がとれない時、簡単な食事で済ませたいこともありますよね。
しかし、ラーメンやパスタなど炭水化物のみにしてしまうと、栄養素がかなり偏ってしまいます。
そんな時は、サラダや野菜スープなどの副菜や汁物をプラスして、栄養素を補うようにしましょう。

美肌キープのために必要な栄養素

美肌効果があるといわれている代表的な栄養素といえば、ビタミンを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、ビタミン以外の栄養素も美肌キープのためにはとても重要です。
ここでは、ビタミンと一緒に摂取したい栄養素についてご紹介します。

食物繊維

おなかの調子を整える栄養素として知られている「食物繊維」。
食物繊維には、腸内の老廃物や水分を吸収して腸内環境を正常化する働きがあり、便秘に効果があるといわれています。
便秘は、肌の乾燥やニキビなど肌トラブルの原因につながる可能性が高い、美肌の天敵。
そのため、便秘を改善することで、肌トラブルの改善も期待できるのです。
食物繊維が摂取できる食材は、野菜やきのこ類、海藻、豆類、穀類等。
ごぼうや大根、ひじきなどは食物繊維の含有率が高いため、外食の際はもちろん、家で食事をつくる時にもぜひ積極的に取り入れるようにしましょう。

タンパク質

タンパク質「タンパク質」は筋肉増強などに対して効果があるのでは?と感じる方もいるかもしれませんが、実は美肌を保つためにも大変重要な役割を担っています。

肌のツヤやハリを保つために大切なコラーゲンは、タンパク質が不足していると生成されません。
また、タンパク質は新陳代謝を上げる働きがあるといわれており、肌の老化やくすみを防ぐ助けとなってくれるため、美肌づくりには欠かせない栄養素なのです。

 

タンパク質の豊富な食品は、豆腐や納豆などの大豆製品、卵や牛乳、肉類、まぐろの赤身やしらすなど。
こちらも普段の食生活で摂取しやすい食材ばかりのため、ぜひおかずの1品として取り入れてみてください。

まとめ

今回は、美肌を目指すための食生活の改善ポイントや美肌づくりには欠かせない栄養素についてご紹介しました。
きれいな肌を保つためには、自分の肌に合ったスキンケアやコスメを使用することも大切ですが、それ以上に重要とされることが日々の食事です。
体の内側から美肌を目指すためにも、1日に必要な栄養素をしっかりと摂取するよう、食生活の見直しから始めてみましょう!

ページ先頭へ